悩む税理士のぶろぐ


西成区役所で保護費支給 憤る受給者 「わしらを商売道具にするなんて…」(産経新聞)

 住民の2割が生活保護を受ける大阪市西成区の西成区役所では1日、毎月1回の保護費の現金受給があり、早朝から受給者が長い列を作った。生活保護をめぐる詐欺事件の摘発が相次ぎ、「摘発は当然」との声が上がる一方、周辺では受給者と金をやりとりする業者らしき姿もあった。

 足のけがをきっかけに2年前から受給している男性(64)は「もらったお金はちゃんと生活費に使わなあかん。わしらを商売道具にするなんて汚いよ」。

 男性は3畳一間の福祉マンションに住んでいたことがあるが「家の条件が良くても悪くても、このへんの生活保護受給者向けの家賃はどこも(最高限度額の)4万2千円。がめつい家主が多い」と憤る。

 区役所には、受給者に借金などを回収しに来たとみられる業者の姿も。客のツケを回収しに来たという飲食店経営者の男性(52)は「前は家賃を取りに来る業者もいたが、最近は目立たない。貧困ビジネスに厳しくなったからとちがうかな」と話した。

 区役所の生活保護担当職員は「摘発は当然。本当に保護が必要な人たちのためにも制度を守らなければ」と厳しい表情だった。

ジューンブライドって本当!? 岩手めんこいテレビ・大久保涼香アナウンサー(産経新聞)
<CO中毒>ホテルの4人を書類送検 山口県警(毎日新聞)
41分で報酬121万円…仙台の非常勤行政委員(読売新聞)
雇用助成金に特例措置=口蹄疫発生の農家限定―厚労省(時事通信)
脱小沢路線を警戒 自民「敵失頼み」見直し(産経新聞)
[PR]
by jtc88ajowe | 2010-06-08 08:21

<< 南アW杯 日本生まれ北朝鮮2選...      <普天間移設>シュワブ沿岸、日... >>

税理士の苦悩の日々を告白
by jtc88ajowe
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧