悩む税理士のぶろぐ


公式の日米首脳会談見送りへ 米側、日程確保厳しく(産経新聞)

 米ワシントンで今月12、13両日に開催される核安全保障サミットに合わせて日米両政府が調整していた鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領による公式の首脳会談が見送られることが7日分かった。政府高官が明らかにした。首相としては米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する考え方を伝える意向だったが、米側が大統領の日程確保が厳しいことを理由に断ってきた。

 政府高官は7日午前、首脳会談について、「もともとなかった。(大統領主催の歓迎夕食会で)席が隣だから、そこで議論できる」と語り、会談は非公式なものになるとの見通しを示した。

 これに関連し、ホワイトハウスのギブズ報道官は6日の記者会見で、大統領が同サミット期間に会談する首脳として中国の胡錦濤国家主席、パキスタンのギラニ首相、インドのシン首相、ドイツのメルケル首相ら計9カ国との会談を設定したと公表した。しかし、鳩山首相との会談には言及しなかった。

 鳩山首相は7日午前、オバマ政権が「核戦略体制の見直し」(NPR)を発表したことを踏まえ、「オバマ大統領との間で、特に消極的安全保障の議論を十分にやりたい」と語り、会談への強い意欲を示していた。

 米側が公式の首脳会談を断った背景には、普天間問題をめぐり日本政府内で対処方針が明確になっていないことから、首脳会談で混乱が生じるのを避ける狙いがあるとみられる。

【関連記事】
鳩山政権半年 米、指導力欠如を非難 英は自民に苦言
普天間移設案「閣僚は合意」と岡田外相
普天間移設 決まりがなければ何でもあり…か?
普天間移設先 「みなさん腹案で動いてる」 首相
普天間移設 首相「腹案」発言でまた混乱

<唐招提寺>第86世長老に堀木教恩師(毎日新聞)
砂川事件文書を開示=外務省、不存在から一転−日本側「密談」速記録(時事通信)
<雑記帳>津軽弁の魅力がたっぷり楽しめるDVD発売(毎日新聞)
【日本の議論】永住外国人が急増する背景とその実態(産経新聞)
民族の血、先祖捨てる心理に 在日の“帰化タブー”(産経新聞)
[PR]
by jtc88ajowe | 2010-04-08 23:23

<< 岡部まりが「探偵ナイトスクープ...      「龍馬」ブーム異常盛り上がり ... >>

税理士の苦悩の日々を告白
by jtc88ajowe
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧